1. トップページ
  2. スタミナ食は肉!肉食しない人はスタミナ不足?

スタミナ食は肉!肉食しない人はスタミナ不足?

ここぞ!という時には、気力でスタミナを補っていると思います。その代り、翌日からの疲れが半端ないですが。これも、加齢によるものだと思ってるので、お肉を食べる量が少ないからだとは考えたこともないです。

50代 【肉嫌いのレベル】肉食5回・その他のタンパク質:大豆製品(納豆・豆腐)・豆類・魚・ツナ缶など

疲れやすくなった気もしますが、年齢のせいなのかなと思っています。スタミナももともとそんなに無いので、食事の影響があるのかわかりませんが、すごく疲れた時なんかは肉を食べたいと思ったりもします。肉を食べると回復する気はしています。

40代 【肉嫌いのレベル】4回・大豆製品、魚

子どもの頃から肉を遠ざけがちな食生活を送っており、周囲と比較して体力は無かった方です。激しい運動は苦手でしたし、特に夏はバテやすく気にする部分も多いです。現在もスタミナは無く運動も苦手に感じていますが、食生活との関連があるかどうかは分かりません。

20代 【肉嫌いのレベル】1回・魚、豆

以前は他人より疲れやすいと感じていました。同年代と旅行に行った際、スケジュールのペースについて行けず1人だけコースを変えることが多々あったからです。しかし現在は漢方で補っています。漢方を服用してからは同年代と同等の体力になりました。

29歳 【肉嫌いのレベル】2回・魚、大豆加工品(豆腐、あげ、納豆)

疲れやすいということは特にありません。むしろ体が軽いなぁと感じます。スポーツ等で長時間体に負荷をかけることが少ないのでスタミナについてはわかりかねますが、普通に生活している中で不便を感じたことはありません。

30代 【肉嫌いのレベル】2回・豆、卵

疲労感はあまりないです。肉を食べないので肉を消化するために体内のエネルギーを使われないためかあまり疲れる事がないです。スタミナはそんなに自信はないですが、植物性タンパク質はしっかりとれていますので体力は肉を食べてた時よりあるとかんじます。

36歳 【肉嫌いのレベル】0回.大豆製品

肉食をしないことで、血管が弱くなったとは感じています。採血検査をすると必ず内出血してしまいます。さらに、鉄欠乏性貧血が進行したことにより息切れにしやすくなり、以前に比べ運動強度の高い動きを長時間できなくなりました。

40代 【肉嫌いのレベル】1回:魚、3回:豆腐、4回:大豆等の豆類、6回:さつま揚げ等の練り物、7回:ヨーグルト

肉は食べていませんが、魚はサーモンやマグロ、カジキ、たら、鯖などを頻繁にとっているのでたんぱく質はきっちり取れているため体調が悪いとか、他人よりも疲れやすいということは特にありません。魚を食べてさえいれば、十分に良質のたんぱく質が摂取できるから問題ないと思います。

40代 【肉嫌いのレベル】魚6回肉1回豆類(豆腐、納豆)10回

スタミナは確かにあまりないように感じています。肉を食べないからかな?と思ったりもしますので、週に1回程度は疲労回復にもいいという脂身の少ない部位の豚肉を食べるようにしています。特に夏のこの時期などは、少し動いただけで目まいがしたり動けなくなったりすることがよくあります。

28歳 【肉嫌いのレベル】2回・魚、豆、卵

お肉を食べなくても必要なたんぱく質などをきちんと摂っていれば疲れも年相応にはありますが、そんなにひどいとかは感じません。魚は大好きですし、お米やお味噌汁など食べていますし、食事を抜いている訳ではありませんので無理なダイエットの様な状態とは違います。胃腸の調子がいいせいか、体調が逆によくなった様に感じるせいか楽しく元気に毎日を過ごせています。

40代 【肉嫌いのレベル】5回・魚4回・納豆、豆腐

非肉食の長所・短所

Copyright (C) 2016 肉嫌いは肌トラブルが起きやすい? All Rights Reserved.