1. トップページ
  2. 肉食しなければ胃もたれ、胸焼けは起きない?

肉食しなければ胃もたれ、胸焼けは起きない?

家族の分の食事には肉を使って作るので、味見を兼ねて少しは口にしています。便秘は、かれこれ30年前の妊娠中に経験しただけで、今まで悩んだこともありません。胃腸は至って健康。何を食べてもなんともなりません。(笑)

50代 【肉嫌いのレベル】肉食5回・その他のタンパク質:大豆製品(納豆・豆腐)・豆類・魚・ツナ缶など

胃もたれや胸焼けという感覚は味わった事がないと思います。便秘も滅多にならないし、肉を食べる時は野菜もたっぷり摂ったり食物繊維の入った食品をを意識して食べるようにしています。

40代 【肉嫌いのレベル】4回・大豆製品、魚

体調は頗る良好で今の所健康面で気になる事はありません。野菜や魚中心の食生活でお通じも安定しています。週に一度一食だけ肉中心の食事をとる日を意識して作っていますが、肉を食べた後の方が胃もたれに悩まされやすいです。従って現在の食生活が自分に適していると実感しています。

20代 【肉嫌いのレベル】1回・魚、豆

普段肉を食べない分、外食などで久しぶりに肉を食べると下痢をすることがあります。特に牛肉、豚肉で胃もたれを起こしやすいですが、鶏肉は大丈夫なことが多いです。なので必然的に肉を食べるときは鶏肉を選ぶようになりました。

29歳 【肉嫌いのレベル】2回・魚、大豆加工品(豆腐、あげ、納豆)

夕食にお肉を食べないと、翌朝身体がとても軽くすっきりしています。食べる時間が遅かった時などは特にこれを感じます。胃が軽い。便秘、胃もたれ、胸焼けはほとんどありません。食べるお肉の量が減ったこともあると思いますが、たまにお肉を食べても、胸焼けすることが無くなりました。

30代 【肉嫌いのレベル】2回・豆、卵

胃腸はすこぶる健康です。胃もたれも起こしにくいです。胸焼けもありません。むしろ胸焼けの現象が良くわからないくらい起こりません。便秘もありません。ほぼ毎日快調です。二、三ヶ月に一度くらい2日でない便秘があるきがしますがそれでも薬は飲んだ事はありません。胃腸が重くなることは食べ過ぎた時くらいで、それも1時間くらいで治ります。

36歳 【肉嫌いのレベル】0回.大豆製品

子供の頃から肉食は苦手で、成長してからはお肉を食べると胃もたれ以上に胃の膨張感を感じ始め、脂汗をかくようになりました。そのような経験を何度か経験した後、一切の肉食(ハムやソーセージといった加工食品含む)を止めました。

40代 【肉嫌いのレベル】1回:魚、3回:豆腐、4回:大豆等の豆類、6回:さつま揚げ等の練り物、7回:ヨーグルト

胃腸の調子は非常に良いです。逆に少しでも肉を食べた時には消化不良を起こしやすく、下痢をしたりします。肉をとったほうがいいのかもしれませんが、私はほとんど食生活に取り入れなくても何の問題も感じておらずとても健康です。

40代 【肉嫌いのレベル】魚6回肉1回豆類(豆腐、納豆)10回

5〜6年前までは肉が苦手でもなく好きでも嫌いでもなかったため、肉を食べた翌朝なんかは胃もたれしていて、朝ごはんが食べられなくなることがよくありました。今は肉をあまり食べないからだと思うのですが、朝の目覚めがすっきりしていて胃の調子もいいです。胃もたれすることは全くありません。便秘についてはあまり悩んでいません。

28歳 【肉嫌いのレベル】2回・魚、豆、卵

40代近くなってから肉食が苦手になりました。というのもお肉を食べていた時の方が胃もたれや、胸やけがひどく食べた物が落ち着かない感じがいつも絶えずありました。お肉の脂身が苦手だったせいもあるのか便秘がちでもありました。最近は胃腸の調子もとても良く、胃薬を以前は常備していたのですがその必要性がまったくありません。

40代 【肉嫌いのレベル】5回・魚4回・納豆、豆腐

非肉食の長所・短所

Copyright (C) 2016 肉嫌いは肌トラブルが起きやすい? All Rights Reserved.